介護職員初任者研修

2013年4月からヘルパー2級の資格が介護職員初任者研修という名称に変わりました

ホームヘルパー2級の資格が平成24年4月の医療・介護の同時改定によって資格制度が見直しがされて介護職員初任者研修という資格へと変わりました

 

介護職員初任者研修とは?

介護職員初任者研修とははじめて介護の資格を取ろうという方が始める入門の講座になります
介護の仕事に携わりたい、身内の介護のために介護の知識を身に着けたいと考える方が
まず第一に選択する講座になります。 

介護職員初任者研修

 

2013年4月までにホームヘルパー2級の資格を取得している人は、介護職員初任者研修を修了した人という位置づけで、これまでと同様に介護の現場で仕事に従事することができます。

 

介護職員初任者研修はこれまでのホームヘルパー2級と同等の内容で介護に必要な知識や実践的なことを学ぶことができます。
介護の資格のダイイチステップとして介護職員初任者研修は位置づけられており介護職のステップアップには以下のような道をたどることになります。

 

介護のステップアップ

介護職員初任者研修

実務者研修・介護福祉士

認定介護福祉士

介護職でのキャリアアップを目指す方は介護職員初任者研修(ホームヘルパー2級)→実務者研修→介護福祉士→認定介護福祉士(仮)というステップをふみますが介護職員初任者研修はまず第一ステップとなり介護の基本を学ぶことができます。

ヘルパー2級と比較してどういった点が変更になったでしょうか

研修130時間はそのまま、ホームヘルパー2級で定められていた30時間の施設研修が廃止となって 通学での実技が含まれるようになりました。また、各スクールの用意した筆記の修了試験(1時間程度)が必須となります。

 

介護職員初任者研修の将来性

介護職員初任者研修は介護でのお仕事を考えるならまず第一ステージと考えられます。
これからの日本では高齢化は避けられずますます介護に携わる人材は不足していきます。将来性のある仕事と言えます

介護職員初任者研修

また介護の知識を持っていることは身内等にも生かすことができるため非常に有用であると考えられます。

 

介護のお仕事の実際

日常生活を送るのに支障がある障害者や高齢者のさまざまなサポートを行います。
入浴、着替え、食事、排泄の介助から掃除、買い物、調理、洗濯など生活の全般をサポートします。

介護職員初任者研修

 

実際にご自宅へ伺う他養護老人ホーム、老人保健施設やグループホーム等に勤務する形になることが多いです。 また雇用の形態も社員や派遣、アルバイトと豊富なので、ご自分のライフスタイルにあわせて働けるのも魅力です。もちろん年齢や性別も関係なくお仕事に就くことができます。